平昌パラリンピック閉幕、カナダは史上最高28メダルを獲得

134

カナダパラリンピック史上最高のメダル数を達成した。

韓国で9日に開幕した冬季パラリンピック大会が18日に閉幕した。カナダは史上最多55選手を派遣。バンクーバー大会の19メダル以上を目標に10日間を戦った。

結果は今大会最多メダル数のアメリカに次ぐ2番目の28メダル。予想以上の好成績となった。

 

若手もベテラン選手も記録ラッシュ

記録的な活躍も目立った。今大会一人で6メダルを獲得したのはプリンスエドワード島出身マーク・アレンデス選手。

クロスカントリースキー、バイアスロンに出場し、金1、銀2、銅3と出場した全種目でメダルを獲得した。これはカナダ史上初。閉会式では旗手も務めた。

開会式で旗手を務めたブライアン・マッキーバー選手は金3、銅1を獲得。これでパラリンピックでのメダル獲得数は金メダル13を含む17。カナダパラリンピック史上最多メダル獲得選手となった。

アルバータ州キャンモア出身の38歳。クロスカントリースキー選手で、バンクーバー大会では、視覚障害を持ちながらオリンピック、パラリンピックの両大会に代表として選ばれた。平昌での3金メダル獲得で、冬季パラリンピック3大会連続3種目金メダルという快挙を成し遂げた。

こうしてみると、突出した記録を打ち立てたクロスカントリースキー選手たちだが、カナダのメダル28のうち16はノルディックスキー競技。今大会カナダはスキーで圧倒的な強さを見せた。その一方でスノーボードではメダルが獲得できなかった。

団体競技チェアカーリングで4大会連続金メダルを目指していたカナダは、準決勝で中国に敗れ3位決定戦に回った。

中国とはソチ大会でも準決勝で対決。前回はカナダが制したが、今回は中国に軍配が上がった。3位決定戦では韓国と対戦。5-3で勝利し、銅メダルを獲得した。

パラアイスホッケーは決勝でアメリカと対戦し、延長戦で逆転負け。銀メダルとなった。

今大会カナダは金8、銀4、銅16の成績を収めた。

 

関連記事:

平昌パラリンピックもカナダはメダルラッシュ