BC州政府、帰国者に自己隔離計画の提出を義務付け

4816

ブリティッシュ・コロンビア州政府は海外から帰国するすべての入国者に自己隔離計画の提出を義務付けると発表した。

BC州では3月17日に海外からBC州への入国後14日間の自己隔離を義務化。連邦政府は3月25日に自己隔離に関する法案を可決し、違反した場合は最大で75万ドルの罰金、もしくは6カ月の禁固刑を科すと発表した。

ジャスティン・トルドー首相も毎朝の会見で海外から帰国した国民に14日間の自己隔離は義務と呼びかけ、空港から自宅への帰る途中に買い物に寄ることも禁止されていると繰り返し説明している。

自己隔離計画 : Self-Isolation Plan

自己隔離計画(Self-Isolation Plan)は、自己隔離場所、空港などの入国地点から自己隔離場所までの移動手段、自己隔離中に必要なサービスのアレンジ、家族やコミュニティのサポートが用意されているかなどが示されなければならない。

オンラインで事前提出できる自己隔離計画は質問形式で必要な内容を答える形になっている。

BC州に入国する空路、陸路、航路すべてが対象。自己隔離計画は州の担当官によってチェックされ不十分な場合は州が用意した隔離場所で14日間を過ごすことを義務付けている。

自己隔離計画はオンラインで事前に提出することを推奨しているが、空港などの入国審査場で記入したものを提出することもできる。

詳しくはBC州政府サイトを参照。
https://www2.gov.bc.ca/gov/content/safety/emergency-preparedness-response-recovery/covid-19-provincial-support/self-isolation-on-return

自己隔離を守らない海外からの帰国者への対応

感染拡大防止が最も成功しているBC州で今回の措置が取られた背景には、カナダ政府や各州政府が14日間の自己隔離を決定して義務化しても、報道などで報告されるように帰国者の違反が後を絶たないという事実がある。

加えて、新型コロナウイルスの拡大がこれほど大きな広がりを見せる前にカナダを出国し、カナダ国内での感染防止策を理解していない国民が多いことも考えられるためとも州政府は説明した。

カナダでは復活祭をはじめ今週末から宗教関連のイベントが多い。そのため海外から帰国する国民も増えると予測されている。さらに世界各国のクルーズ船ツアーに参加しているカナダ人乗客が多く帰って来ることも分かっている。

こうした帰国者の増加を見込み、BC州政府が他の州より先駆けて新型コロナウイルス感染拡大防止を強化したとみられる。

今回の新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには一人ひとりの行動が大きく影響することはデータからも示されている。

BC州では徐々に感染者数や入院患者数が落ち着きを見せ始め、これまで実行してきたフィジカルディスタンスや手洗いの徹底が効果を出し始めている。

8日の新たな感染者は45人、累計1336人。入院患者数も減少傾向にあり、回復した人は838人と約6割を占める。新たな感染拡大はこうした努力を水の泡にしないため、より一層の強化を実行し拡大防止を目指すものとみられている。

関連記事