カナダ緊急対応資金援助(CERB)の申請方法

7802

カナダ政府は新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入を失った国民を救済するための現金給付策CERBカナダ緊急対応資金援助(Canada Emergency Response Benefit)の実施を発表した。

対象者は4月6日から申請することができる。ここでは申請条件や申請方法などの概要を紹介する。詳しくは連邦政府専用サイトを参照。

連邦政府CERB専用サイト
https://www.canada.ca/en/services/benefits/ei/cerb-application.html

カナダ歳入庁CERB専用サイト
https://www.canada.ca/en/revenue-agency/services/benefits/apply-for-cerb-with-cra.html

カナダ緊急対応資金援助:CERB(Canada Emergency Response Benefit)について

CERBは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、失業や事業停止により収入がなくなった国民を対象に政府が現金支給する緊急給付制度。

発表された当初は雇用保険適用外の失業者などを対象としていたが、4月1日の発表で基本的には条件に該当するすべての国民を対象とする。

給付額はひと月2000ドル、最高4カ月まで申請できる。

支給が受けられるCERB対象者条件

CERBの給付対象は以下の4条件を満たしていること:

1.15歳以上のカナダ在住者
2.新型コロナウイルスの影響で職場を離れることを余儀なくされた人、もしくは仕事ができなくなった人。仕事を自主的に退職した人は対象外
3.2019年、もしくは過去12カ月の間に5000ドル以上の収入があった人。収入には雇用によるもの、自営業によるもの、雇用保険適用による産休・育休給付金などが含まれる
4.支給される4週間のうち最低14日間は就業もしくは自営業での収入がないこと、その後の支給期間でも就業による収入が期待できないこと

給付対象は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で働けない状況を余儀なくされた個人で、新型コロナウイルスのため新しい仕事を求職中だが仕事を続けている場合には対象外となる。

また学生で昨年収入があり今年の夏から就業する予定の場合も対象外となる。政府は学生を対象にした対策を近く発表するとしている。

新型コロナウイルスで職場を離れることを余儀なくされた人、仕事ができなくなった人の定義

解雇された、もしくは就業時間がゼロになった
新型コロナウイルスに感染、もしくは症状があり隔離しなければならなくなった
新型コロナウイルス感染の影響により誰かを看病・ケアしなければならなくなった
新型コロナウイルスの影響で休校などの理由により子どもの世話をしなければならなくなった

など。上記のような状況におかれ職場を離れることを余儀なくされた場合に申請可能。ただし申請可能条件はこの限りではないとする。

雇用保険(EI)、EI Sickness Benefitsの対象者も申請可能。すでにEIに申請している人は改めてCERBに申請する必要はない。

申請可能なビザの種類

申請者はSocial Insurance Number(SIN)があることが条件。市民権、永住権者のほかに、臨時外国人労働者や留学生でも条件を満たせば受給される可能性がある。

詳しくはこちら。
連邦政府CERB専用サイト:
https://www.canada.ca/en/services/benefits/ei/cerb-application.html

CERB申請方法

申請はオンライン、もしくは電話でのみ可能。

オンラインで申請の場合:

カナダ歳入庁(Canada Revenue Agency:CRA)ウェブサイトからオンライン用アカウントを登録する必要がある。

すでにアカウントを登録している場合はログイン情報をチェックし、ログインできることを確認すること。パスワードなどを忘れてログインできない場合は対応すること。

アカウントを登録していない場合は登録が必要。毎年タックスリターンを提出している場合、アカウントはすでに存在するためオンラインで利用できるための登録が必要となる。登録方法はCRAサイトで紹介されている。

CRAによると、申請が開始されるとアカウントにログインした後、COVID-19: Canada Emergency Response Benefitをクリックして手順通りに手続きを進めると完了するとなっている。

CRA申請サイト:
https://www.canada.ca/en/revenue-agency/services/e-services/e-services-individuals/account-individuals.html

電話の場合:

1-800-959-2019

上記CRA専用電話番号に電話をかける。英語かフランス語でのみ対応。SIN(Social Insurance Number)、郵便番号の情報が必要になるため予め準備しておく。

CERB申請可能日

申請の受け付けは4月6日から。アクセス集中によるシステムダウンを回避するため、申請が可能な曜日が申請者の誕生月によって決められている。

1月、2月、3月 月曜日 4月6日
4月、5月、6月 火曜日 4月7日
7月、8月、9月 水曜日 4月8日
10月、11月、12月 木曜日 4月9日

金曜、土曜、日曜日は誕生月にかかわらず申請可能。上記日付は最も早い申請日で、4月13日以降も誕生月別による申請曜日は適用される。

CERB給付金の受給について

条件を満たした申請者には、CRAからひと月2000ドル、最長4カ月間支給される。

受給額
4週間2000ドル(1週間500ドルで4週間分)。受給期間の申請は4週間単位。雇用状況が改善しなかった場合は再申請できる。最長で4カ月(16週間)まで。受給額は一律。雇用保険(EI)から申請している人でも一律1週間500ドルの4週分2000ドルが支給される。

EI受給資格者でもCERBを受給中は一律4週間2000ドルとなる。

受給方法と受給日
申請時に銀行口座振り込みを選択した場合は、申請後約3日以内(週末を除く)に振り込まれる。銀行口座振り込みを選択しなかった場合は約10日以内(週末を除く)にチェックが届く。

CERB給付金は課税対象
今回のCERBで支給された給付金は課税対象となる。2020年タックスリターンで収入として申告しなければならない。

詳しくはこちら。
カナダ歳入庁(CERB)専用サイト:
https://www.canada.ca/en/revenue-agency/services/benefits/apply-for-cerb-with-cra.html

関連記事